鼻尖縮小術 - ヴェリテクリニック福岡院

ヴェリテクリニック福岡院
フリーダイヤル0120-394-412
HOME ドクター Dr.講座 料金 診療、手術の流れ アクセスMAP

» 美容整形・美容外科のヴェリテクリニック福岡院TOPページ » 鼻 TOPへ » 鼻尖縮小術

診療科目 鼻
▼ 鼻尖縮小術

: だんご鼻を都会的な洗練された鼻に!

鼻尖が太い、いわゆる団子鼻を、細くスマートにするのが鼻尖縮小術です。

鼻翼軟骨イラスト

鼻尖には鼻翼軟骨と呼ばれる鳥の翼のような形をした左右2枚の軟骨が芯として入っています。

space 皮下脂肪イラスト

この鼻翼軟骨の表面に皮下脂肪があり、皮膚がそれを覆っています。

space

● 鼻尖が太くなる原因

   <1>  鼻翼軟骨が大きい。
   <2>  左右の鼻翼軟骨がお互いに密着していなくて隙間が空いている。
   <3>  皮下脂肪が厚い
   <4>  毛穴や皮脂腺が発達していて皮膚が厚い。
という4つの要素があります。

<1>の大きな鼻翼軟骨が原因となっているケースは西洋人によく見かけられますが、日本人では稀です。

日本人をはじめとする東洋人の鼻尖を細くするには、左右の鼻翼をお互いに縫い寄せることと、皮下組織を切除することが重要です。

鼻翼軟骨が大きいケースでは部分的に切除します。切除した軟骨は、鼻先の形を整えるように鼻先に移植します。

皮下脂肪イラスト

団子鼻の原因は左右の鼻翼軟骨の隙間、厚い皮下脂肪、厚い皮膚が要因となっています。

space 皮下脂肪イラスト

団子鼻などを治療する鼻尖縮小術では皮下組織を切除して、左右の鼻翼軟骨を正中で縫い寄せます。

space

: 修正術


● 正しい治療

鼻尖縮小を受けたのに鼻尖が細くらなかったという方がヴェリテクリニックを訪ねてこられることがあります。

そういった方のほとんどは、正しい手術が行われていなかったのでしょう。特に多いのは、団子鼻の修正を希望したら、L型のプロテーゼを同時に鼻先に入れられたというケースです。

鼻尖が細くならなかった一番の原因は皮下組織の切除が不十分なことです

鼻尖の皮膚は皮脂や毛穴が発達していて、手術によって皮膚の下にできる傷痕(瘢痕組織)が厚く、硬くなりやすい傾向があります。

しっかりと皮膚を薄くしておかないと、団子鼻は修正できません。また、左右の鼻翼軟骨の縫い寄せが緩くても、鼻尖が細くなりません。


● 重要なポイント

2度目の手術では皮下の瘢痕組織が硬くて細くするのが難しくなりますので、できるだけ最初の手術で正しい治療を受けて頂きたいものです。


● アップノーズ、ピンチノーズ

左右の鼻翼軟骨を正中で縫い寄せると鼻の穴と穴の間の鼻柱と呼ばれる部分が長くなり、鼻の穴は縦長になります。

鼻尖は前に押し出されて高くなります。縫い寄せ方が強いと鼻尖は前に押し出されると同時に上方(頭側)に持ち上げられ、いわゆるアップノーズになります。

鼻先が下にたれたタイプの鼻にとってこれは好都合ですが、元々短い鼻は一層短くなりますので、鼻が短くならないような工夫を凝らす必要があります。

又、鼻翼軟骨縫い寄せすぎると洗濯挟みで挟まれたようなピンチノーズと呼ばれる変形を生じることがあります

ヴェリテクリニックでは鼻尖縮小術の術後に鼻尖が細くならなかったケースや、アップノーズやピンチノーズといった変形をきたしたケースの修正術も行っています。  鼻の修正術ページへ »

up space

美容整形・美容外科・豊胸のヴェリテクリニックは医師を育ててきた指導医によるクリニックです。現在も多くの医師がヴェリテクリニックの院長の豊胸などの施術を学んでおり、指導を行なっております。

プライバシー・ポリシー