目頭切開法 - ヴェリテクリニック福岡院

ヴェリテクリニック福岡院
フリーダイヤル0120-394-412
HOME ドクター Dr.講座 料金 診療、手術の流れ アクセスMAP

» 美容整形・美容外科のヴェリテクリニック福岡院TOPページ » 目 TOPへ » 目頭切開法

▼ 目頭切開法

: 目頭切開によって目が長く大きく見えます。


日本人(黄色人種)に多く見られる蒙古ヒダ(目頭の部分)が発達した方は、平行型の二重になりにくく、目の幅が短かく見え、目と目の間に距離感があるために鼻筋が低く、お顔が膨張して見えます

目頭切開は上まぶたから目頭に向かって走る蒙古襞(もうこひだ)によって目頭のピンクの部分(医学的には涙丘と呼ぶ)が隠れている方に対して、目頭が隠れなくなるように蒙古襞を取り除く治療法です。

目頭切開によって、末広型の二重は平行型に近づきます。又、目の横幅が目頭に向かって伸びるので、目が長く大きく見えるようになります。

蒙古襞のあるお顔は、正面から見ると鼻筋が通っていない印象がありますが、目頭切開はこれを改善して鼻筋の通った印象を作ります。


: 術式


● 術式

目頭切開の術式としては内田法と呼ばれるW形成術が一般的に知られています。その他、単純切除法やV-Y形成術やZ形成術があります。

W形成術や単純切除法では術後の瘢痕が引きつれとなって水かきの様な襞ができることがあります。V-Y形成術では目頭の露出が不完全に終わることが多く、残った蒙古襞は不自然です

ヴェリテクリニックではこのようなトラブルを避けるためにZ形成術を用いて目頭切開を行っています。

目頭を完全に露出して欲しいという希望にも、目がこれ以上近寄るのはイヤだけど、蒙古襞は目立たなくして欲しいという希望にも、蒙古襞の向かう角度を変えて欲しいという希望にもヴェリテクリニックの目頭切開術なら切開線の長さと角度を変えることによって対処可能です

目頭切開のデザイン目頭切開のデザイン目頭切開のデザイン
目頭切開のデザイン目頭を完全に露出する方法蒙古壁を少し残す方法

● デザイン上の注意点

Z形成術を応用した目頭切開術といっても誰にでも同じデザインで行えばよいというものではありません。隠れている目頭(涙丘)の形は人によって様々です。

内側に向かって細長く伸びた形のものもあれば、丸くふくらんだ形のものもあります。

太くて丸い目頭が完全に見えているのは非常に不自然ですので、そのような方には蒙古襞を少し残すと自然な仕上がりになります。

また、もともと目と目の間の距離が短い方に目頭切開を思い切って行うと目が寄り過ぎてしまいますので、この場合は蒙古襞の裾だけをなくすようにします。

up space

: 目頭切開 修正術


ヴェリテクリニックでは目頭切開を受けた後、不自然な襞ができて目頭にかぶりが残っているのを不満に思っている方の修正を行っています。

また、目頭切開で目頭が露出し過ぎてきつい目つきになったことでお悩みの方にも、目頭がかぶるように蒙古襞を作ったり、平行型の二重を末広型に戻したりする治療を行っております。

up space
space
料金一覧へフリーダイヤル0120-394-412
space

美容整形・美容外科・豊胸のヴェリテクリニックは医師を育ててきた指導医によるクリニックです。現在も多くの医師がヴェリテクリニックの院長の豊胸などの施術を学んでおり、指導を行なっております。

プライバシー・ポリシー