下眼瞼切開術 - ヴェリテクリニック福岡院

ヴェリテクリニック福岡院
フリーダイヤル0120-394-412
HOME ドクター Dr.講座 料金 診療、手術の流れ アクセスMAP

» 美容整形・美容外科のヴェリテクリニック福岡院TOPページ » 目 TOPへ » 下眼瞼切開術

診療科目 下眼瞼切開術
▼ 下眼瞼切開術

: バランスよく目元を若返らせる


下まぶたが老化すると皮膚が伸びて垂れ下がり、シワができます。皮膚と眼輪筋という筋肉がゆるむため、目の奥の脂肪がはみ出してきて目袋が膨らみます。

頬の肉がやせて垂れ下がるため、下まぶたの下が溝のように凹んで目のくまができます。

下まぶたの皮膚を切り取ってもらったのに、目の下のたるみが取れなかった。あるいは、脂肪を取ってもらったら、目の下のクマがよけいに深くなった。

こういった不満を持った患者様がいらっしゃいます。皮膚を切除するだけでは、はみ出した目袋を平らにすることはできません。

又、脂肪を切除しても、目の下の凹みややせた頬は改善されません。


: ヴェリテ式の下眼瞼切開術


下眼瞼切開術 イラストA
シワと目袋と目の下のクマとやせた頬が老けた下まぶたの特徴です。

ヴェリテ式の下眼瞼切開術ではゆるんだ皮膚を切除してシワを引き延ばすだけでなく、眼輪筋という筋肉も引き上げて、下まぶたに張りを取り戻します。

皮膚と眼輪筋を同時に引き上げるため、目の奥の脂肪をしっかりと押さえ込むことができます。

下眼瞼切開術 イラストB

又、まぶたの脂肪を単純に切除するのではなく、まぶたの下の溝に脂肪を移動して凹みを浅くするのに役立てます。

このように、ヴェリテ式の下眼瞼切開術は下まぶたにできたシワを少なくし、目袋を小さくし、目のクマを浅くすることによって、バランスよく目元を若返らせることができます。

下眼瞼切開術 イラストC

伸びてたるんだ皮膚と眼輪筋を切り取って引き上げます。

目袋の原因となっているまぶたの奥の脂肪は一部取り除き、一部をまぶたの下の溝を埋めるように移動します。

脂肪を移動することによってやせた頬も改善します。目袋をしっかり押さえ込むように、眼輪筋をつり上げます。

space up space
space
料金一覧へフリーダイヤル0120-394-412
space

美容整形・美容外科・豊胸のヴェリテクリニックは医師を育ててきた指導医によるクリニックです。現在も多くの医師がヴェリテクリニックの院長の豊胸などの施術を学んでおり、指導を行なっております。

プライバシー・ポリシー