上眼瞼リフト - ヴェリテクリニック福岡院

ヴェリテクリニック福岡院
フリーダイヤル0120-394-412
HOME ドクター Dr.講座 料金 診療、手術の流れ アクセスMAP

» 美容整形・美容外科のヴェリテクリニック福岡院TOPページ » 目 TOPへ » 上眼瞼リフト

診療科目 上眼瞼リフト
▼ 上眼瞼リフト

: 肩凝り・頭痛も改善する上眼瞼リフト

目の上のたるみのために額に横ジワを寄せて眉毛を持ち上げている方には最適です。

以前はきれいな二重があったのに皮膚がたるんで二重の幅が狭くなった、睫毛(まつげ)より下まで垂れ下がって目にかぶってきたという方には上眼瞼リフトがお薦めです。

上眼瞼リフトイラスト1

従来の上眼瞼たるみ取り手術は全切開法といって重瞼線の直上で皮膚を切除します。

皮膚を切除すればするほど、眼瞼の下の方の薄い皮膚が切り取られ、上のほうの厚い皮膚が残るため、できた重瞼線は厚ぼったくなってしまいます。

また、もともとある重瞼線を破壊して新たな重瞼線を作るために、わざとらしい、くっきりし過ぎた二重になります。

上眼瞼リフトイラスト2

上眼瞼リフトでは眉毛の直ぐ下の厚い皮膚を切除しますので、重瞼線が厚ぼったくなる心配はありません。


上眼瞼リフトイラスト1

眉毛の直ぐ下の厚い皮膚を切除します。


上眼瞼リフトイラスト3

もともとの重瞼線を温存するので、わざとらしくない自然な二重になります。


space

● ポイントは

上眼瞼リフトの術後には眉毛の高さが低くなってきますので、目の上のたるみのために額に横ジワを寄せて眉毛を持ち上げている方には最適です。

また、もともと一重だったので、二重になるのは抵抗があるけど、たるみは取りたいという方にも上眼瞼リフトは適しています。


● 麻酔

マークした皮膚切除範囲に極細の注射針を用いて、局所麻酔液を注射します。術中に重瞼幅を確認するため、眼瞼の下の方に麻酔液が広がらないように注意します。

注射の前に麻酔クリームを塗布しておくと痛みがほとんどありません。

● 術式

デザインに沿って皮膚とその下の眼輪筋を切除します。しっかりと止血を行ってから、皮膚を数カ所仮縫合します。

仮縫合をした時点で、ベッドの上で座っていただき、二重の幅とたるみ取りの具合を確認します。

二重が狭いと感じた時には皮膚の切除を追加します。まぶたのたるみが十分取れているのを確認できましたら、皮膚を縫合します。

up space

: 上眼瞼リフトと埋没法の組み合わせ


埋没法の組合せ二重にはなりたいけれども、厚ぼったい二重やわざとらしい二重になりたくないと考えていらっしゃる方は少なくないと思いますが、そのような希望に対しては埋没式重瞼術と上眼瞼リフトを併せて行うことをお薦めします。

両方の手術を同時に受けることもできますが、あらかじめ埋没式重瞼術で奥二重になるような幅の狭い重瞼を作っておいて、それから1週間後に上眼瞼リフトを受けられたほうが希望と仕上がりのギャップが小さいと思います。

● 脂肪切除

眉毛の部分の肉が厚くて膨らんでいる方は眉骨の上にある脂肪組織(ROOF)が原因です。上眼瞼リフトではこの脂肪を簡単に取ることができます。

まぶたが丸く膨らむ原因となるまぶたの奥の脂肪(眼窩脂肪)も取り除くことができます。


● 眉間のしわ取り

眉間のしわが目立つ方には眉間に縦皺を作る働きをする皺鼻筋という表情筋を切除してしわを取ることができます。


● 術後の注意事項

・手術当日と翌日は眼瞼を冷やして腫れを抑えて下さい。
・創部(縫合した傷)を消毒して下さい。
・ 術後2日間は創部をぬらさないで下さい。
・3日後から創部をぬらして洗顔して下さい。
* 眉墨を描くのは抜糸翌日から可能です


● 術後経過

術後7日間は眉毛の下に縫合糸が付いています。術後3日はまぶたの腫れが強く、目の開きも重たくなりますが抜糸の頃には強い腫れは落ち着いています。

眉毛直下の傷痕は3ヵ月ほど赤みがあります。その間、アイメークや眉墨でカモフラージュすることはできます。

3ヵ月以上経過して、赤みが消えると傷痕はほとんど目立ちません。アートメークが入っている方では傷痕は全く分かりません。


● 術後の問題

もともと持っていた重瞼線を変更しないので、できあがった重瞼は自然で、厚ぼったくなりません。

切開式重瞼術では重瞼線に瘢痕ができて術後突っ張り感が生じたり、眼が重たく感じたりする訴えがありますが、上眼瞼リフトの術後にはそういった訴えは全くなく、手術直後から眼が軽くなったことを実感できます。


up space
space
料金一覧へフリーダイヤル0120-394-412
space

美容整形・美容外科・豊胸のヴェリテクリニックは医師を育ててきた指導医によるクリニックです。現在も多くの医師がヴェリテクリニックの院長の豊胸などの施術を学んでおり、指導を行なっております。

プライバシー・ポリシー