グラマラスライン形成(たれ目形成) - ヴェリテクリニック福岡院

ヴェリテクリニック福岡院
フリーダイヤル0120-394-412
HOME ドクター Dr.講座 料金 診療、手術の流れ アクセスMAP

» 美容整形・美容外科のヴェリテクリニック福岡院TOPページ » 目 TOPへ » グラマラスライン形成術(たれ目形成)

診療科目 グラマラスライン形成術(たれ目形成)
▼ グラマラスライン形成術(たれ目形成)

: 大きくて丸いゴージャスな目


目を下方に広げる、すなわち、下まぶたの眼瞼縁(睫毛が生えているまぶたのきわ)を下方に下げる(たれ目にする)手術がグラマラスラインの手術です。

この手術を下眼瞼下制術または、下眼瞼拡大術(たれ目形成)という難しい名前で呼んでいるクリニックもあります。

特に、大きく印象的な目にするためには、下まぶたの外側1/3のラインを下げるように手術を行います。


● 下まぶたの形

下まぶたの眼瞼縁の形は人によって様々です。下まぶたと黒目の位置関係を見てみますと、下まぶたがあまり下がっていなくて、黒目の下半分を隠している目(写真 A)もあれば、下まぶたがしっかりと下がって黒目がしっかりと見えている目(写真 B)もあります。

中には下まぶたが黒目よりも低く、黒目の下の白目が見えている、いわゆる下三白眼の方(写真 C)もいらっしゃいます。


: グラマラスラインの術式


グラマラスラインでは上で説明の、下まぶたのカーブのボトムをどこにもってくるのか、患者様の希望に合わせて下げる点を選択します。

黒目より外側の下まぶたにボトムが来るラインを希望される方が一番多く見られます。

この場合は黒目より外側の目尻に近いところが最も強く引き下げられるように下眼瞼の腱膜(capusulopalpebral fascia)を短縮します

通常、黒目の外側縁から目尻の間に2から3点糸を止めます。

グラマラスラインの術式 A

しかし、黒目の外側縁や黒目の中央にボトムがくるのを希望される方もいらっしゃいます。

それには、先ほどの糸に加えて、もっと内側(目頭側)にも糸をとめて、黒目の中央や黒目の外側縁が最も下がったカーブを作ります。


● グラマラスライン(たれ目形成)の手術


イラスト A

【イラスト A】
グラマラスライン(たれ目形成)の手術では下まぶたの裏側の結膜を切開します。

space イラスト B

【イラスト B】
そして、結膜の下にある下眼瞼の腱膜(Capusuropalpebral fascia)を探し出して、それを短縮するように瞼板と呼ばれる硬い組織を腱膜の奥の方に縫いつけます。

space イラスト C

【イラスト C】
余った腱膜と結膜を切り捨てて、切開した結膜を縫合します。皮膚には傷を加えません。

space

術後は、下まぶたに近い白目の表面に腫れや充血が見られますが、1週間もすれば解消します。

外から見える部分に傷や糸がつきませんので、手術を受けたことが人に分かりません。


up space
space
料金一覧へフリーダイヤル0120-394-412
space

美容整形・美容外科・豊胸のヴェリテクリニックは医師を育ててきた指導医によるクリニックです。現在も多くの医師がヴェリテクリニックの院長の豊胸などの施術を学んでおり、指導を行なっております。

プライバシー・ポリシー